「高嶋 英男」の作品リスト

作家近影 代表作品
作家紹介

1981年 東京生まれ。東京芸術大学大学院彫刻専攻修了。
本来注目しない花瓶の口の空洞部分を顔に置き換えた人型の陶器、鰹節を使った彫刻作品など、日常にあるイメージを拡大、反転させながら作品化している。
2012年 「Hideo Takashima Exhibition」KOKIARTS(東京)にて個展開催、2015年 「ヤングアート台北2015」シェラトングランデ台北ホテル、2014年 「リマッピング日比谷プロジェクト2014 都市と境界に現れるアート」日比谷公会堂、2013年 「PAT in Kyoto京都版画トリエンナーレ2013」京都市美術館、「Cabinet Da−End 03」 Da−End gallery/(パリ)、2011年 「第14回 岡本太郎現代芸術大賞展」川崎市岡本太郎美術館、2010年 「群馬青年ビエンナーレ2010」群馬県立近代美術館などグループ展に参加。

作家からひと言

花瓶の口は花や水がはいる場所として本来それ自体を注目する存在ではありません。そんな花瓶の口が人の顔に置き換わることで地と図が反転し普段注目しない穴が主役になります。陶器の花瓶自体が絵を身にまといそこに座るということは、私にとっては日常の美に奇想が織り交ぜられた感覚とも言えるかもしれません。

作品リスト
アクセスランキング